学習塾の講師の求人

学習塾求人TOP >> 職種別で探す >> 学習塾の講師の求人

学習塾の講師の求人

学習塾の講師の求人探しにはいくつものポイントがあります。まずはどのような職場で働くことになるのか。講師は勉強だけを教えていればよい、というわけにはいきません。とくに近年は個別指導の需要が高まっているため、受講生との間に信頼関係を築く必要が出てきます。個別指導か集団指導か、あるいは学習塾の理念や指導方針と合っているかどうか。給料や就業時間といった待遇面以前に確認しておかなければならないポイントが多数あります。

現在の学習塾の講師の求人の傾向として見られるのはやはり個別指導や少人数のクラスでの授業を担当する環境が多いことです。マンツーマンから1対2〜3程度の規模で教える形になるため、コミュニケーション能力や受講生ひとりひとりの性格や理解度に合わせた指導能力が求められるようになります。こうした環境が自分に向いているかどうか、採用担当者に適性があると判断されるかどうかを確認し、履歴書や職務経歴書で適切にアピールできる対策を行っておきましょう。

また職場に関しては各地に塾を展開している大手やグループ系か、地元密着型の中小規模の学習塾かの選択肢も重要なポイントとなります。前者の方が頻繁に求人を出している一方、後者は塾の数そのものが多いため求人を多数見つけることができます。ですから両方を分けたうえで別々に内容をチェックしていった方がやりやすいでしょう。大手・グループ系と中小規模の学習塾とでは講師の就業環境に大きな違いも出てくるからです。大手・グループ系は待遇面では恵まれている印象もありますが、一方では移動・異動の可能性もあります。グループ内の別の学習塾へ移動する、あるいは各地の学習塾へ頻繁に移動(出張)して授業を行うといったこともあるため自分のライフスタイルに合った環境がどうか見極めておきましょう。また大手・グループ系は成果主義を全面的に導入しているところが多く、結果次第で高収入も期待できる一方、思うように結果を出せなかった場合には仕事を失ってしまうこともあります。こうした環境をよい意味での緊張感ややりがいとして受け止められるかもポイントとなるでしょう。

もうひとつ忘れてはいけないのが雇用形態。実際に講師の求人を確認してみるとアルバイトや非常勤といった非正規の雇用が非常に多いことがわかります。とくに小中学生向けの講師は大学生を含めたアルバイトが多く、その分正社員の求人が少なめになっています。厳しい経営状況による人件費の削減などが背景にあるのですが、正社員の求人を多く見つけたい場合には情報収集の手段にもこだわりが必要です。新着の求人をいち早く入手できるような環境を心がけましょう。

学習塾の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループが運営する転職エージェント。豊富な実績と信頼に培われたノウハウが魅力!
扱っている業種・職種も多数。教育関連の企業・学習塾からの求人も幅広く扱っています。
・独自収集の企業・求人情報も充実。求人情報だけでは見えてこない職場の実態などもわかる!



Copyright (C) 2015 学習塾の求人サイトナビ【※理想の転職をサポート】 All Rights Reserved.