学習塾の事務の求人

学習塾求人TOP >> 職種別で探す >> 学習塾の事務の求人

学習塾の事務の求人

運営・管理と並んで学習塾において重要な役割を担っているのが事務の仕事です。受講生の情報管理はもちろん、講師や他のスタッフのスケジュールの管理なども担うことが多く、塾が滞りなく運営を続けられるかどうかは事務にかかっているといっても過言ではありません。

学習塾の場合、講師には成果主義が導入されます。人気のある講師とそうでない講師の評価を客観的なデータの形で保存し、評価基準を設けるのも事務の仕事ですし、受講生の学習・受講環境のデータ管理なども事務が行います。きちんと受講するかどうかは児童・生徒の自主性に委ねられる部分が大きい学習塾だけに、客観的なデータによる出席状況や成績の変化から受講生の環境を把握する面が大きくなるのです。

こうした事務の仕事には当然それなりのスキルが必要です。とくに特定の資格が必要だとか、豊富な実務経験がなければ就職は難しいというわけではありませんが、パソコン入力のスキルはぜひとも身につけておいた方がよいでしょう。また電話応対も事務の大事な仕事です。とくに規模の大きな学習塾・予備校ともなると自前で書籍・参考書を出版したり、施設内に食堂や自習室などを設けたりするケースも少なくありません。こうした事業・施設と関わる外部の業者との連絡や交渉も事務の大事な仕事です。このように塾の内外両面に渡ってのスキルが求められるのです。

逆に言えばこれまで学習塾で働いた経験がない場合でも事務職の経験があればかなり有利になります。とくに大企業・有名企業での事務職の経験は大きな武器になるでしょう。また、先に述べたように特に資格が必要なわけではありませんが、事務職に必要なスキル・知識を証明できる資格を取得しておくのも就職・転職活動を有利に運ぶ上での大事なポイントとなります。

求人探しの際にもうひとつ注意しておきたいのは雇用形態。近年では厳しい経営状態に晒される学習塾や受講生の獲得競争などで経営のスリム化が求められており、そのしわ寄せが人件費に及ぶケースが増えています。事務職においてもそれは同様で、勤務する事務職のうち何割かを非正規やアルバイトでまかなう塾も増えています。そのため求人の数そのものは以前に比べてそれほど減っていないものの、正規雇用の求人が見つかりにくくなっている傾向が見られます。

こうしたポイントを踏まえたうえで自分にチャンスが得られそうな学習塾の事務の求人を探していきましょう。狙い目は急な欠員が生じた際の補充の求人。短期間の募集となるケースが多いのでチャンスを逃さないよう、日ごろから情報収集をしっかりと行うよう心がけましょう。

学習塾の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループが運営する転職エージェント。豊富な実績と信頼に培われたノウハウが魅力!
扱っている業種・職種も多数。教育関連の企業・学習塾からの求人も幅広く扱っています。
・独自収集の企業・求人情報も充実。求人情報だけでは見えてこない職場の実態などもわかる!



Copyright (C) 2015 学習塾の求人サイトナビ【※理想の転職をサポート】 All Rights Reserved.