学習塾の土日休み・休日多めの求人

学習塾求人TOP >> 希望条件で探す >> 学習塾の土日休み・休日多めの求人

学習塾の土日休み・休日多めの求人

学習塾の仕事は土日に休みを取るのがなかなか難しい面もあります。とくに大学受験を対象にした塾は浪人生が通っていることも多いため、土日に集中して授業を行うことが重要になってくる面もあるからです。さらに受付や事務の業務では授業がない日でも自習室などを用意しているため仕事があるケースも少なくありません。

そのため土日休み・休日多めの学習塾の求人を探していく際には休日がどの程度多いかだけでなく、そもそもその学習塾の運営状況を確認しておく必要があるのです。休日が多めの設定でも時期によっては仕事が入ったり、希望通りに休日がとれなかったりするケースも考えられるからです。

さらにもうひとつ、学習塾の業務には繁忙期があることも忘れてはならないでしょう。受験直前の時期は休みなど取っていられないといっても過言ではありませんし、年末年始を返上して集中的に講習を行うところもあります。こうした繁忙期には土日などあってなきがごとし、平日に飛び飛びの形で何とか休日を取るのが精一杯という状況になります。もっともこの点は学習塾で働く以上どうしても避けられない面といえるでしょう。

これらの点を踏まえた上で土日休み・休日多めの求人を探していく際にはまず学習塾の規模を見ておきましょう。規模が大きく、多くの受講生を抱えている塾はほぼ一年中授業を行い、営業しています。その分スタッフの数も多いわけですが、土日に授業を行うケースも多くなりますし、繁忙期も忙しくなります。休日優先で求人を探していく際には優先順位は下げた方がよいでしょう。また、複数の学習塾を運営しているところだとあちこちに移動して授業を行うこともあるので注意したいところです。

一方規模の小さな、個人経営の学習塾ほど休日がとりやすくなります。受講生の数が少ないというのもありますし、土日はそもそも営業していないケースが多いからです。地元周辺で学習塾の求人を探していく場合にはこうした個人経営からの求人をどれだけうまく拾っていけるかが鍵となりそうです。新聞紙の折込広告や学習塾の前に貼られる求人の貼り紙などもチェックしておきたいところです。

学習塾の平均的な年間休日は100〜110日程度といわれています。これを基準にどれだけ休日を確保できるのかもチェックしていきたいところです。この点はキャリアや収入とも関わってくる問題なので難しい面もありますが、自分のライフスタイルの範囲内でうまく働いていける職場を探していくようにしましょう。

学習塾の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループが運営する転職エージェント。豊富な実績と信頼に培われたノウハウが魅力!
扱っている業種・職種も多数。教育関連の企業・学習塾からの求人も幅広く扱っています。
・独自収集の企業・求人情報も充実。求人情報だけでは見えてこない職場の実態などもわかる!



Copyright (C) 2015 学習塾の求人サイトナビ【※理想の転職をサポート】 All Rights Reserved.