個別指導の学習塾の求人事情

学習塾求人TOP >> 学習塾の種類で探す >> 個別指導の学習塾の求人事情

個別指導の学習塾の求人事情

個別指導の学習塾の人気が高まっています。ひとりひとりの理解力や学習の進行度に合わせてきめ細かな指導を行っていくことができるので、親としても安心して通わせることができるのが人気の秘密です。また集団指導の場合、積極的な子とそうでない子で同じ環境で授業を受けても得られるものに差が出てくるといった不公平感もあります。そうした事情から個別指導、あるいは講師1人に対して受講生が2〜3人といったごく少人数のクラスで授業を行う学習塾が増えているのです。

全体的な傾向として大手など規模の大きな学習塾・予備校では集団指導方式を導入し、中小規模・地域密着型の学習塾では個別指導を導入している傾向が見られます。また、ひとつひとつの塾の規模は大きくないものの、個別指導を専門に各地に塾を展開しているところもあります。個別指導の求人を探していく際にはまずこうした学習塾のタイプや経営規模に目を向けておくとよいでしょう。

個別指導の求人事情の特徴として挙げられるのはアルバイトや非常勤で講師を雇っているケースが非常に多いことです。集団指導の場合、多くの受講生を相手にひとりひとりの進捗状況にも目を配りながらカリキュラムに基づいて授業を行っていく、というスキルが求められるため、正規雇用のプロの講師が担当するのが一般的ですが、個別指導の場合は必要な学力と指導力さえ備わっていればアルバイトや非常勤でも十分対応できると考えているところが多いのです。また同じ理由で未経験でも積極的に採用を行っているところも多いため、これから学習塾の講師としてキャリアを積んでいきたいと考えている人は正規・非正規を問わずキャリアをスタートさせるよい機会になるかもしれません。

その一方で指導力がはっきりと結果にとして現れやすいのも個別指導の学習塾の特徴です。1〜3人の受講生に対して指導を行って学力が思うように向上しなければ指導力に問題があると判断されても仕方がないわけです。そのため個別指導の学習塾では個別指導を採用しているケースが非常に多く、キャリアがなくても採用されやすい一方、結果次第で辞めなければならなくなってしまう、といったリスクもあります。

先述のように規模が小さめの学習塾に個別指導を導入しているところが多いため、受付や事務、運営・管理といった裏方のスタッフもごく少数です。新規に募集する機会も少なく、欠員が生じた際の穴埋めなどで求人を出すことが多いのでこれらの職種での就職・転職を希望している場合には限られたチャンスを活かせるかどうかが鍵となるでしょう。

学習塾の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループが運営する転職エージェント。豊富な実績と信頼に培われたノウハウが魅力!
扱っている業種・職種も多数。教育関連の企業・学習塾からの求人も幅広く扱っています。
・独自収集の企業・求人情報も充実。求人情報だけでは見えてこない職場の実態などもわかる!



Copyright (C) 2015 学習塾の求人サイトナビ【※理想の転職をサポート】 All Rights Reserved.