学習塾の転職に有利な資格

学習塾求人TOP >> 学習塾の求人の基礎 >> 学習塾の転職に有利な資格

学習塾の転職に有利な資格

学習塾の講師になるために必ず必要な資格はありません。この点は学校の教師と決定的な異なる点といえるでしょう。その一方で実務経験と実践で役立つスキル・知識が非常に重視されます。その意味では実力重視が強く押し出している業界といってもよいでしょう。ですから就職・転職の際に持っていると有利になる資格というのもそれほどないというのが実際のところです。

ポイントとしては塾講師としての実力をアピールできる資格を持っているかどうかでしょう。その資格を持っているかどうかではなく、その資格によって塾講師としての適性をアピールするわけです。代表的なところでは英語力を証明するTOEICが挙げられます。必ずしも英語力がそのまま英語講師としての能力を証明するわけではありませんが、実践的な英語力が受験の場でも求められている現代では高評価のポイントとなります。英語力では英検も評価の対象となるでしょう。高校受験・大学受験ともなると一定の英検の結果が求められるケースも多いため、実践的な受験対策を指導できるスキルを備えていると評価されます。

また学習塾の講師を対象にした資格もあります。公益社団法人全国学習塾協会によって認定されている学習塾講師検定制度です。これは学習塾の講師に共通して求められる知識や資質を問うためのもので、おもに集団指導におけるスキルを試されます。集団授業は個人指導に比べて塾講師としてのスキルが求められ、正社員など本職の講師が担当するケースがほとんど。ですからこの方面のスキルを資格で証明できれば正社員としての採用のチャンスが広がるわけです。

講師の就職・転職に関して有利な資格はこの程度です。資格云々よりもまずアルバイトでも何でも現場で実戦経験を積んでいく方が採用の際に有利になるといってもよいでしょう。また現場で働く間に築きあげていった人脈、コネも就職・転職の際に非常に有利になります。

一方、受付や事務といった裏方の仕事ではそれぞれに関連する資格があると有利になります。こちらも取得が必須の資格はありませんが、事務関連やパソコン関連の資格を持っていると採用の際に有利になります。学習塾の場合、受講生の受講環境や講師のスケジュールなどをパソコン上で管理して滞りなく運営していくのが一般的です。とくに規模の大きな学習塾ほどその管理が複雑になるためこうした資格が高く評価されます。塾講師とは異なり実務経験よりもこうした有利になる資格を取得したうえで転職に臨んだ方がチャンスが開けるはずです。

学習塾の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループが運営する転職エージェント。豊富な実績と信頼に培われたノウハウが魅力!
扱っている業種・職種も多数。教育関連の企業・学習塾からの求人も幅広く扱っています。
・独自収集の企業・求人情報も充実。求人情報だけでは見えてこない職場の実態などもわかる!



Copyright (C) 2015 学習塾の求人サイトナビ【※理想の転職をサポート】 All Rights Reserved.