学習塾の求人サイトナビ【※理想の転職をサポート】

学習塾に転職したいと思ったら

少子化の影響を受け業界自体の規模は縮小していますが、幼少期からの英才教育は一般的になっていますので、学習塾のニーズはまだまだ安定しています。東京・大阪などの都市部はさらにこの傾向が顕著です。

では学習塾への転職についてですが、資格や経歴などはもちろん、転職時期や業界の動向などの「生の情報」も重要です。リクルートエージェントならそういった専門的な情報にも強く、学習塾の求人も豊富ですので、転職準備にはおすすめです。

学習塾の転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループが運営する転職エージェント。豊富な実績と信頼に培われたノウハウが魅力!
扱っている業種・職種も多数。教育関連の企業・学習塾からの求人も幅広く扱っています。
・独自収集の企業・求人情報も充実。求人情報だけでは見えてこない職場の実態などもわかる!


マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビグループの総合転職エージェント。幅広い情報網から入手した求人情報を多数掲載。
大手の転職実績も豊富。大手の学習塾、教育関連企業への転職のチャンスにも恵まれる!
・業界に精通したコンサルタントによる充実したサポート。万全の体制で転職活動に臨めます。


DODA 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・全国各地の求人情報を掲載、大手・有名企業はもちろん、地域密着型の学習塾の求人も探せます。
スカウト制度も導入。これまでの経験をアピールし、企業からのアプローチを待つことができます。



学習塾の転職を成功させるポイントは?

学習塾への転職を成功させるポイントは業界全体の動向を見極めたうえで自分の適性に合った職場を探していくことです。現代社会は学習塾の運営の曲がり角に立っているといわれます。少子化の影響で受講生の数が減っていることや、経済的な事情で現役志向が高まっていること、あるいは個人指導への需要が高まっていることなど。どの学習塾も社会が求めるニーズに応えながら生き残りをかけた運営を行っているのです。

この点は学習塾の就職・転職状況にも深く関わっています。まず人件費の削減のためアルバイトや派遣といった非正規のスタッフの比重が高まっていること。正社員としての転職を希望する場合にはあらかじめ情報を絞り込んだ上で探していく必要があります。一方非正規の数が増えたことで複数の学習塾を掛け持ちして働く機会も増えています。その場合にはスケジュールなどもうまく調整しながら求人探しを行っていくことになります。

この正社員の形で転職するか、非正規でやっていくかの違いは学習塾の授業形態の違いとも関わってきます。一般的な傾向として個人指導の塾は非正規の割合が高く、集団授業の塾は正社員の割合が高くなります。個人指導に対して集団授業は受講生全員がついていけているかどうかを確認しながら授業を進め、ひとりひとりにフォローを行っていくなど指導力が問われるため、正社員の講師でないと任せられない面もあるからです。こうした集団授業は大手など比較的規模の大きな学習塾に多いため、正社員としての転職を目指す場合にはこうした方面の求人を重点的にチェックしていきましょう。

それから事前の情報収集。学習塾での就業環境を事前に入手するのはなかなか難しい面もあります。職場の人間関係や塾の経営理念、あるいは勤務時間など自分に合っているかどうかをできるだけ知っておきたいところです。規模の大きな塾の場合は出張が多いといった面もあります。インターネットで情報収集を行うほか、学習塾で働いている知り合いや先輩から詳しい話を聞く、あるいは塾に通っていたことがある人に聞くといったきめ細かな情報収集も行っておきたいところです。なお、こうしたコネをうまく利用するのも学習塾への転職における重要なポイントです。

あとは経営状態。大手の予備校が大幅に経営規模を縮小したことが一時期大きな話題となりましたが、現在の学習塾を巡る状況では同じようなことが他のところで起こってもおかしくありません。せっかく転職に成功したのにすぐに環境が激変してしまったといったことがないよう、経営状況にもある程度目を向けておくとよいでしょう。


Copyright (C) 2015 学習塾の求人サイトナビ【※理想の転職をサポート】 All Rights Reserved.